溶連菌の感染症の症状を治療しよう!

溶連菌は、子供だけでなく、大人にも感染しやすい病気です。溶連菌感染症の知識をつけて症状や潜伏期間等を知ろう!




溶連菌という細菌の名前を聞いたことはありますか?溶連菌とは
”溶血性連鎖球菌”の略です。この溶血性連鎖球菌による感染が、
溶連菌感染症と呼ばれて、小児におこりやすい病気です。

抗生物質が現在ほど発達していない頃には、「猩紅(しょうこう)熱」と
呼ばれて伝染病扱いされている厄介な病気でした。しかし今では、早期に
治療すれば、たいした症状にならずに溶連菌を治療できます!

このサイトでは、溶連菌に関する正しい基礎知識・治療方法など、
あらゆる情報を紹介しています。溶連菌感染症に早く気がついて、
家族内・友人間での感染を予防し、早期治療に取り組みましょう!

まずは、溶連菌とは?のページで、この細菌に関する基礎知識を身につけて
ください。溶連菌は、抗生剤の服用で確実に治療のできる菌ですが、
放置していると、恐ろしい合併症を引き起こすこともあるので気をつけましょう

また、溶連菌の原因と治療についても、それぞれ専門のページで詳しく
説明しました。特に原因のページをご覧になって、どのようなときに
溶連菌に感染する可能性があるのかをよくお知りになってください。

また、確実に溶連菌を治療するためには、意思の指示通りに、抗生剤を
正しくしっかりと服用してしまうことが何よりも大切になってきます。
正しい治療方法についても、理解を深めておきましょう。

溶連菌感染症を、特にしっかりと認識して治療に取り組んでもらいたいのは、
妊娠中の女性です!妊娠時の溶連菌感染症についても、詳しく説明しています。
産婦人科で、溶連菌検査陽性だった人は、すぐに治療に取り組みましょう!





.

溶連菌って自然治癒するの?

溶連菌は治療しなくても治るものなのでしょうか?

溶連菌の検査方法について

溶連菌の疑いがある場合、以下の検査方法でを確定診断を行います(検査なしでも溶連菌と診断される場合があります)。

溶連菌感染症の合併症について。

溶連菌感染症の合併症にはどのようなものがあるのでしょうか?
合併症の症状や治療の仕方について説明します。

このサイトを作ろうと思ったきっかけとは

溶連菌、私もまったくこの言葉をしらなかったのですが、
私の子供がこの症状になってしまうことで、
サイトを作成しようと決意したのでした。

溶連菌について。由来急性糸球体腎炎についても紹介

溶連菌とは”溶血性連鎖球菌” という細菌(いわゆるバイ菌)のことです。

溶連菌の感染する原因はについて。食事や飛まつ感染について!

幼児や学校に通っているお子様が感染しやすいことで知られる溶連菌。
この溶連菌感染症というのは、A群β溶血性連鎖球菌(略して溶連菌)という
細菌の感染によって起こる病気の総称です。

溶連菌の薬について。抗生物質を適用させましょう

溶連菌に効く薬や、感染時に家で行いたいホームケアについてお話します。

溶連菌の治療について:抗生物質は治療に効果あり??

溶連菌感染症にかかってしまったらどうすればよいでしょうか?
溶連菌に感染してしまったときの治療の仕方についてお話します。

溶連菌感染症の基礎知識と一般的な症状

溶連菌感染症の基礎知識と、一般的な症状について、お話します。

溶連菌感染症の潜伏期間について。

溶連菌(A群β溶血性連鎖状球菌という細菌)は、のど(咽頭、扁桃腺)に
感染して、のどの痛みや熱がでます。熱は治療しなくても、自然に
下がることがありますが、1~2週間後に再び熱発すると言われます。

溶連菌の感染症の症状を治療しよう!カテゴリー項目一覧

溶連菌とは?

溶連菌について。由来急性糸球体腎炎についても紹介

溶連菌の原因

溶連菌の感染する原因はについて。食事や飛まつ感染について!

溶連菌の薬

溶連菌の薬について。抗生物質を適用させましょう

溶連菌の治療

溶連菌って自然治癒するの?
溶連菌の治療について:抗生物質は治療に効果あり??

溶連菌感染症

溶連菌感染症の合併症について。
溶連菌感染症の基礎知識と一般的な症状
溶連菌感染症の潜伏期間について。
溶連菌感染症による大人と子供の症状の違い
妊娠時の溶連菌について。薬の副作用は存在するのか?

サイトを作るきっかけ

このサイトを作ろうと思ったきっかけとは

溶連菌の検査

溶連菌の検査方法について


溶連菌の感染症の症状を治療しよう!